不動産事業Real Estate Business

みどりグループの不動産トータルサポート

みどりグループでは、中四国を中心に、マンション、オフィスビルをはじめ、病院、介護施設、商業施設等、多様な施設の管理業務を数多く受託しています。

また、民間施設のみならず、公営住宅、スポーツ施設、総合公園、学校等、公共施設の管理実績も数多くあります。適切な管理はもちろん、新たなイベントを実施し、集客や満足度の向上に努めています。

このような様々な用途の不動産管理実績から得たノウハウが元となり、プロパティマネジメント(PM)や、指定管理事業、PPP(※)、PFI(※)など、プロボーザル案件にも取り組んでおり、“まちづくり”に貢献しています。

※PFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)
公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図る。

※PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)
公民が連携して公共サービスの提供を行うスキーム。PPPの中には、PFI、指定管理者制度、市場化テスト、公設民営(DBO)方式、包括的民間委託、自治体業務のアウトソーシング等が含まれる。

不動産を活用して未来を創造する“志事”

創業来、清掃、設備管理、マンション管理等を行っていましたが、2000年前後、①女性の社会進出、②ITの進化、③環境分野の拡大、という潮流があり、当社は、女性の社会進出の観点から、保育、介護、病院・介護施設への給食提供等の事業に参入しました。

その後、2006年から参入した指定管理者制度、2012年から経営を引き継いだマリーナホップの再生、2017年に開設した水族館の運営を行うなど、不動産を“管理する”だけでなく“活用する”会社として挑戦し続けてきました。

一般的に、不動産の寿命は50年と言われます。50年の間に社会は変わり、不動産の役割も変わり、私たちを取り巻く環境も大きく変わります。みどりグループは、「仕事を志事に」をモットーに、不動産を活用して未来を創造します。

専門的な知識と技術で高い品質のサービスを提供します

当社が提供するサービスの質は、サービスを提供する「人」の質によります。そのため、入社時研修では、各業種、各現場の特性に応じた研修を行っています。

その他、「接遇・人権」「修繕に関する知識」「関係法令」「安全・災害対応」「個人情報保護」等に関する研修を定期的に実施し、社員の能力の向上を図っています。

また、資格取得制度を設け、職務に関係する資格取得を奨励しています。専門的な知識や技術を持つ社員が、高い品質のサービスを提供するとともに、身に付けた技術を伝承し、個人のスキルと組織のスキルが共に向上するよう教育に力を入れています。

このスキルの蓄積により、「高品質のサービス提供」「人件費・管理経費の縮減」「ワンストップ対応による事務作業の軽減」「業務対応の迅速化」「中長期的視点での維持管理計画の立案と実施」など、お客様と長く、信頼してお付き合いしていただける会社を目指します。

また、ISO9001に基づく原因調査と是正処置の実施、有資格者による品質検査(インスペクション)の実施、施設の特性に応じた効果的な資機材の選定、使用に取り組むなど、更なる品質向上のため努力を続けております。

不動産事業 会社一覧